某NASの話-序章-

世の中がスマホ主流になって、いつでもどこでも気軽に写真を撮れる昨今。

日に日に貯まっていく写真のデータ、みなさんはどのように管理してますか?

 

iPhoneもPCなしで運用できるようになってからというもの、

「写真はスマホに全部入れっぱしだよ」

という声をよく聞きます。

 

撮った写真はその日のうちにPCにコピーしてフォルダ管理するのが日課になってる僕にとっては結構衝撃的な話だったんですが、これって結構一般的みたいですね。

「写真の管理なんてしないよー」と笑われてしまいました。

 

ソ、ソウナノカー(汗)

 

 

スマホに限らず、PCにおいても何かとデータ過剰な世の中。

そこで強い味方になるのがクラウドサービス。

 

Appleだと純正サービスでiCloudなんてのもありますが、無料で使えるディスクサイズが少なすぎるのでiPhone基本設定のバックアップにしか使いません。

他にDropbox、GoogleDrive、OneDrive、Boxと様々なクラウドサービスを活用してますが、どれも一長一短。
そもそもこれらのサービスは同期が前提なので、こちら側にも同等のディスク容量を確保しておく必要がある上、容量も少ない。

容量は有料版にすれば増やせますが、金額のワリに割高感があります。

 

僕の理想のクラウドの形は、一方的にデータをぶち込んでおけるディスクスペースなんですよね。

 

 

僕は普段、自宅でMacを使ってますが外に出るときはSurface Pro3を持ち歩くし、原稿を書くときはASUS TransBookを使います。

スタバやマックでドヤ顔してる時、ふと自宅に置いてきたデータが必要になることがあるんですよね。

 

そんな時に使えるクラウドを構築したい。

 

そうだ、NASにしよう!

 

1 Trackback / Pingback

  1. 某NASの話-遍歴- – 煩悩ディストーション

Leave a Reply

Your email address will not be published.