権利と主張

どうも。
なにかと著作権絡みのネタを書きたくなってしまう僕です。

ネタに困った時の著作権ですか(^^;

最近、ツイキャスで音源そのまま流したり歌ったりしてるのを多く見かけます。
ツイキャスはJASRACと包括契約してないので「歌ってみた」もアウトです。

と、偶然見かけた放送をぼんやり見てたんですね。
その人は、CDの音源を書けながらDJ気分。

ツイートで著作権に関して注意されると、
「こうやって曲をかけて世の中の人に広めたほうが、アーティストも喜ぶはず」
「こんな窮屈なルール、クソクラエだぜ」
「僕は曲をかけるのを止めませんよ。せっかく放送するツールがあるんだから、これで好きな音楽を広めるんだ」

といった感じ。
 
 
 
権利でガチガチに縛るよりも、曲を多くの人に広めたほうが良い。
 
 
その意見に、ある意味賛成ではある。

しかし現実的に見て、この方法はあまり賢いやり方とは言えない。
もし、こういった著作権違反放送の楽曲使用料の請求が、まとめてツイキャス側にいったらどうする。

こんな利益度外視で好意のカタマリのようなサービス。

一発でトブぞ?
 
 
 
そうやって自分達の好き勝手やって、他の皆に迷惑かけるのは止めてくれないか。

既存の人の曲を演奏したいなら、USTでやってくれ。
 
 
JASRAC側の人間でもないので口うるさく言うつもりはないけど、身勝手な人間のエゴで
皆が楽しんでるサービスが無くなったらタマったもんじゃない。
 
 
主張が色々あるのは分かるが、決まっているルールがある以上
それが悪法であっても従わなければならないのだよ。

悲しいけれど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です