ラー記:リベンジのテンイチ

tenka.jpeg
一部にコアなファンを持つという天下一品。
僕の印象はすこぶる悪い。
そもそものファースト・インプレッションは
「天一とはなんぞや」を知らずに初入店した若かりし日。
写真から判断し、すげぇ濃厚な豚骨ラーメンと思い込んだ僕は
「替え玉しちゃうぞ!」と声高に叫ばんばかりの決意でラーメンをオーダーした。
そして出てきたラーメン(こってり)のスープの粘度の高さにも疑問を持たず
「想像以上に濃厚な豚骨だ!これは期待しちゃうっ!」と一気に麺を口に含む。
その時の違和感。
脳は「豚骨」を期待しているのだが、舌は明らかに違う味を感じている。
アイスコーヒーを期待して冷蔵庫から出した茶色の液体がそばつゆだったときの衝撃!
(せめて麦茶で例えようか>自分)
それだけでもう、天一に対して拒絶反応を示してしまったんですね。
その後、完食するも「期待してた味と違った・・・裏切られた・・・」という後味だけが残る。
 
 
 
それから数年。
天一という看板に一切の興味を示さずに暮らしてきたわけですが
それでは全国の天一ファンの方々に顔向けできない。
ということで行ってきました天下一品。
あの日と同じラーメン(こってり)
 
 
 
「これは豚骨じゃないんだ豚骨じゃないんだ豚骨じゃないんだ」
某少年のように自己暗示をかけつつスープを一口。
 
 
あ、美味しいwwww
 
 
豚骨ラーメンと比べてどっちが好きかって言われたら
やっぱり豚骨ベースの方が好きですが、これはこれで悪くない。
長年嫌っててゴメンね、天下一品。
また今度食べにいくね、天下一品。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です